【10/30(日)開催】GEOC森里川海トークセッション 第2回「人口550人の山梨県丹波山村 タバジビエが語る 狩猟と環境」


環境省では、森里川海の恵みを将来にわたって享受し、安全で豊かな国づくりを行うため「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトを進めています。
そこで、GEOCでは、私たちのくらしと自然の結びつきに改めて気づき、ライフスタイルを見直すきっかけとする「GEOC森里川海シリーズ トークセッション」を開催しています。
今年度は、国連大学前で毎週末に開催されているFarmers Marketの出店者のみなさまにご登壇いただき、普段のお買い物から、人や地球の健康、環境問題を考えるイベントを企画しています。

 

「人口550人の山梨県丹波山村 タバジビエが語る 狩猟と環境」

山の神に感謝をし、先人からの教えを忠実に守り、村の狩猟文化を今に受け継いできた丹波山村。“タバジビエ”は、その文化を知ってもらいたい、という思いからうまれました。
そんな丹波山村の森では、鹿が増え続け、想像以上の影響を受けているといいます。
日本の森林でおきている環境の今や、タバジビエの目指す未来をぜひ聞きにきてください!

 

 

開催概要

|日 時|2022年10月30日(日) 14:30-15:30

|場 所|Farmers Market @ 国連大学

     アクセス:http://farmersmarkets.jp/

|主 催|環境省、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)、Farmers Market

|参加費|無料

|定 員|30名

 ※当日、スペースが空いていれば立ち見でのご参加も可能ですが、席に限りがあるためぜひ事前にお申込み下さい。

申込が30名に達しましたら、一旦申込は締め切らせて頂きます。その場合、当日にお立見となりますが、スペースが空いていましたらお待ちしております。 

 

プログラム

14:30~15:30 トークイベント

 

 Theme 1:山梨県丹波山村の歴史と伝統、文化

 ・山の幸を、狩猟によって得てきた暮らし

 

 Theme 2:増え続ける鹿と環境への影響

 ・鹿が増えた理由とは

  ・鹿による森林の被害のいま

 

 Theme 3:タバジビエが目指していること

 ・地域サイクルを「良循環」にしていく

 

 Theme 4:ジビエの楽しみ方、味わい方

 ・鹿肉BBQの試食タイム♪
 ・「余すことなく一頭をいただく」こだわり

 

15:30~16:00 質問タイム

 終了後は、直接お話を聞ける時間を頂いています♪

 

参加申し込み

フォームよりお申し込みください>>> 申し込みフォームはこちら
イベントは終了いたしました。

 

開催報告

追ってアップいたします。

 

お問合せ先

地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)

TEL:03-3407-8107
お問い合わせフォーム:https://www.geoc.jp/contact/